三洋電機製プリンタ一体型MSX2 PHC-77(WAVY77)の回路図等解析結果を公開する。

 暫定公開のため、まだ抜けているところやおかしいところ、解析した結果で疑問点などもある。おそらく勘違いもあるものとみられる。

 例によってこの解析結果は無保証なので注意。
 今後も修正しレビジョンアップしていく予定。
 パーツリストが作成されていないので今後追加予定。

 一番の疑問点、SLOT BにはなぜかSLT3-1の拡張スロットが割り当てられている。これではSLOT Bに拡張スロットを接続できないのではないかと…?
 MSX-WRITE搭載などでどうしても基本スロットを接続することが出来なかったのか…?

 内蔵ソフト(MSX-WRITE初代)のON/OFFスイッチ回路は、内蔵ソフトが動いている状態で切り替えると暴走するのではないかと思われる怖い回路になっていた。

 スロットのカートリッジ検出回路は、このままでは短絡になるのではないかと思われる回路になっている。電源が心配。

 プリンター基板にもZ80が搭載されているので、プリンター基板のZ80をサブCPUに使うなどの改造や、プリンターポートのデータバス双方向化、外部からのプリンターデータ入力ポート増設も考えられる…が、CPUパワーが貧弱なので、今となっては別のCPU積んだ方が有用かな?

 FDCはFD179x系の富士通製MB8877Aを搭載。このFDCはSONYなどが主に採用していたが、Nationalブランド時の松下製MSXでも使われていた気がする。その後、PanasonicブランドではNECのuPD765系FDC(東芝のTC8566もuPD765系)に移行した。
 三洋はずっとFD179x系を使っていた様子。


●回路図(Circuit Schematic)
 ・SANYO MSX2 PHC-77 Schematic (PDF) Rev.02 暫定公開板

イメージ 1
各基板ごとの回路図 画像は縮小表示例で、詳細はPDFを参照
イメージ 2
基板外形図・部品配置図 画像は縮小表示例で、詳細はPDFを参照

イメージ 3
三菱電機製ゲートアレイ M60011-0109FP

イメージ 5
文字が消えかかっているが、S1985 MSX-SYSTEM II

イメージ 6
V9938 Ver.C

イメージ 4
MSX-WRITEが入っていると思われるMN234001TTA
プリンター基板側に実装されている

 汎用入出力ポート(ジョイスティックポート)1,2はそれぞれいくつかの線が断線していた。基板側のコネクタはネジ留めされていないので、挿抜時の応力は全てはんだ付け部分やその周辺にかかり、繰り返されることで断線したものとみられる。おそらくこの解析をしないと気づかないままだっただろう。

イメージ 7
赤い矢印の部分がジョイスティックポートのはんだ付け部周辺の断線箇所

 この基板のIC/LSI周辺はダミーパターンが多くある。三洋の設計品の特徴なのか…?多くは未使用端子のものだが、一部は使用している端子でも並列でダミーパターンが伸びているものがみられた。クロストーク防止などでGNDに平行してこういった例はみられるが、大して高速バスでもない普通の信号線では珍しい気がする。

イメージ 8
ダミーパターンの例


 参考資料として、下記リンク先にはMSXのカタログが多数掲載されている。
 高解像度の画像や全ページあるとなおいいんだけれど…



 手持ちの書類等は高解像度スキャンしてどこかにアップロードしたい。
 でも時間がなかなか…。

・2017年04月11日 メモ追記(以下)
 FDDの形番号が間違っていたので次回修正予定(→Rev.02で修正済みおよびFDDのラベル考察記載)。
 FDDの形名は意図的に表示されていない様子(東芝のFDDは、ND-xxxxというのがある)

・2020年08月04日 メモ追記(以下)
 IC401,IC402の8番ピン(GND)が「16」と間違って記載されている。次回の改訂で修正予定。

KEYWORD:MSX2 三洋 SANYO PHC-77 WAVY77 プリンタ一体型 基板 PCB 回路図 Schematic V9938 MSX-SYSTEMII S1985 MITSUBISHI GATE ARRAY S60012 637101 M60011-0109FP

 プレイステーション1の基板の世代と実装LSI等の説明が掲載された良記事があったので紹介。


 できれば基板の高解像度画像と基板の裏面の写真もほしいところ。

KEYWORD:Playstation1 PS1 基板 PCB レビュー GPU GTE R3000A MIPS

 電気製品の修理で2モード電源切り替え機能の付いたスイッチが必要になり、調べたところ代替としてマルツオンラインで扱っているロッカースイッチ 3073-K4P11C03T1B02C-EAが使えそうだった。
 この製品のページにはLinkmanと記載されているが、どうやらここは取り扱い商社のようだった。
 データシートがリンクされていないので外径寸法等が分からなかったが、実際のメーカーと型番は下記のものだった。

イメージ 1

  台湾 Chily Pricision Industrial Co.,Ltd.
  型番:3073-K4-P11-L2-C03-T1-B02-C

 3073シリーズというのものの様子。製品の詳細は3073部分のリンクを参照。
 Linkmanの型番はChilyのものをほぼ流用したようで似ているが、末尾のEAというのは不明。

 データシートは下記。
  http://php2.twinner.com.tw/files/chily/3073.pdf

イメージ 2


 筐体への取り付け穴寸法が30 x 11 mmの角穴となっているが、取り付け方向を間違えないようにしたり、しっかりと取り付けるためには、角穴ではなくスイッチの三面図左下に凸部分があるので、この穴を形成するとガタつかずに固定できそう。
 これについては寸法の記載はないが、凸部分を含めた全体の横幅は30mmなので、片側の凸部出っ張りは(30-27)/2=1.5mm程度。参考として凸部分の奥行き(スイッチの筐体への差し込み方向)は4.5mm程度。

KEYWORD:マルツ 3073 ロッカースイッチ 3073-K4P11C03T1B02C-EA ON-OFF-ON

↑このページのトップヘ