2021/04/11更新
 解析や音源カートリッジ拡張改造などのベース用に、SCC搭載カートリッジの回路図を図面化したので公開。

 なお、記載内容には間違いがある可能性があります。
 使用の際はご自分の責任下においておこなってください。

 回路図等ファイル:回路図REV.00(PDF)


●基板の種類と対応ゲーム名など
 今回回路図化した基板の形番と、対応するゲームの製品番号、ゲーム名は下記の通り。

PWB:350729
RC751 グラディウス2(NEMESIS 2)
RC752 F-1スピリット(F-1 SPIRIT)など

PWB:350788
RC758 沙羅蔓蛇(SALAMANDER)
RC760 王家の谷 エルギーザの封印(KING's VALLEY II)
RC769 クォース(QUARTH) など

PWB:351408
RC764 ゴーファーの野望 EPSODEII(NEMESIS 3) など

PWB:351952A
RC767 メタルギア2ソリッドスネーク(METAL GEAR2 SOLID SNAKE) など
 
PWB:351446
RA004 スナッチャー(SNATCHER)のSCCカートリッジ
RA011 SDスナッチャー(SD SNATCHER)のSCCカートリッジ(実物は持っていないが上記と同じと言われているので予測含む)

 基板の外形図は写真を参考に作成し、ノギス等で寸法測定したもので数値は正しいはずですが、ICの位置などは正確ではありません。

 基板 350729と350788の外形は同じです。また、351446と351952Aも外形は同じです。

●基板外形
 以下、基板外形写真。
 350729についてはROM無効化などの改造跡があり見苦しいので掲載無しです。


基板 350788の外形(FRONT面(部品面))
1Mb_PCB_FRONT_02


基板 350788の外形(BACK面(はんだ面))
1Mb_PCB_BACK_01

基板 351408の外形(FRONT面(部品面))
351408_FONT_01


基板 351408の外形(BACK面(はんだ面))
351408_BACK_01

基板 351952Aの外形(FRONT面(部品面))
351952A_FRONT_01


基板 351952Aの外形(BACK面(はんだ面))
351952A_BACK_01


基板 351446の外形(FRONT面(部品面))

RA004_FRONT01A

基板 351446の外形(BACK面(はんだ面))
RA004_BACK01A
●その他不明点など
 SCC-I(2312P001)について、基板上では2,3,22,32番ピンがGNDに接続、15番ピンが未使用、63番ピンがVDDに接続となっています。ICを取り外して測定したところ、これらのうち2,3番ピンはどうやらVSSピンではないようです。また63番ピンもVDDではないようです。
 図にあるように1,22,32番ピンは確実に内部でVSSに接続されています。これらについては今後調べられたら図に反映していきたいと思います。

 SDスナッチャーの基板は351446と同一と思っていたのですが、画像検索すると352079という基板もあるようです。この辺の違いを調査したいところですが、おそらく入手できないので難しいかな…。

●改訂履歴
 2020年07月04日 新規公開(図面ファイルRev00)

 30年くらい前にパイオニア製MSX1 PX-V60 のキーボード新古品が秋葉原で出回った際に購入し、回路を追ってFS-A1Fに付けた時の図面をデジタルに落としてPDF化したので公開。
 
 なお某所に同機のサービスマニュアルが落ちていて本体の回路も載っているのでそっちのほうが便利かも。

 基板のケーブル接続部は+5VやGND端子が複数本あるので、それらをパターンカットして分離し電源LED、FDDアクセスランプLED(FDDの接続台数分)、PAUSE LED用信号を繋いだり、PAUSEキーをSUPERIMPOSEキーに割り当てたりすると便利かもしれない。

PX-V60_KEYBOARD_SCHEMATIC_00

●更新履歴
 2020年06月04日 公開(新規作成は1991年03月02日)
 2020年06月05日 Rev.01 キーボードマトリクス配線 スキャン信号Yバス表記 分岐部に信号方向の矢印を追加(10箇所)


 三菱電機製  セパレートタイプ MSX2 ML-G30のキーボード基板の配線を追って回路図化したので公開する。回路の詳細はPDFを参照。

 FS-A1WXなどのテンキーと違い、「+」「*」「/」のキースキャン信号割当てが異なる。
 これらのキーはMSX2テクハンやMSX-Datapackではオプション扱いになっていて、各社で対応はまちまちの様子。

  ML-G30 :X0Y9=「+」 X1Y9=「/」 X2Y9=「*」
  FS-A1WX:X0Y9=「*」 X1Y9=「+」 X2Y9=「/」

 全く一致しないという…。

 MSXは基本的にVDPを除き、BIOSでのアクセスが推奨されるのでこの違いもBIOSで吸収するのかな…。
 どうせならRETURNキーも割り当てて欲しかった。まぁテンキー専用の信号を新設しなくても、従来の信号線から流用できるけど。
 もしくは、「-」と「+」キーの同時押しを数ミリ秒間監視して、一緒に押されていたら判定するなどの常駐ソフトを使ってRETURN(ENTER)相当の機能を実現できるかもしれない。


ML-G30のキーボード回路図
ML-G30_KEYBOARD_V00_PG01

ML-G30_KEYBOARD_V00_PG02

●その他
 パイオニアのMSX palcom PX-V60のキーボードには「SUPERIMPOSE」、「VIDEO」、「COMPUTER」、などのキーがあった。これらがどのようなキースキャン信号に割り当てられていたか興味あるところ。
 数十年前に秋葉原の千石電商だと思ったが、palcomキーボードの新古品が大量に出回ったときに購入し、FS-A1Fに繋いだ(MSXマガジンでも同様の記事があったような…)。
 その時にこれらのキーはパターンカットで機能を停止してしまったので、今後時間が出来たら調べてみる予定。

●更新履歴
 ・2020年6月2日 回路図 Rev.00を公開

●不具合情報
 Rev.00 記載間違い等(計4箇所)
  ・キーボードケーブル コネクタ
    誤:「KKEYBOARD CABLE CONNECTOR」
    正:「KEYBOARD CABLE CONNECTOR」
  ・キースキャン信号X7がY系のバス接続系統に記載されている
  ・図面ページ数 トータルページ記載間違い修正(計2箇所)

  これらは次回改訂時に修正予定。

↑このページのトップヘ